パチンコ販促のお手伝いをした時に

パチンコ販促では、客にサービスの品を提供したり、
マイクパフォーマンスを行います。
そのため、仕事では多くの人とふれあうことになります。
この過程で生物多様性について意識しました。
パチンコをしない人もいればする人もいる、
勝っている人もいれば負けている人もいる、
礼儀正しい人もいれば態度が悪い人もいるということを
目の当たりにしたからです。
それこそが、人類の発展を支えてきたのでしょう。
人間には格差がありますが、それはこの多様性を基礎としています。
そして、みんな感受性が違うために、
思いがけない発見というものが生まれます。
パチンコ販促は一見全く生物多様性を意識する職ではありませんが、
人とふれあうことで意識することができました。

漏水修理にきた方が語った生物多様性

自宅の排水管から水が漏れているということに気が付き、
漏水修理のために業者の方を呼びました。
漏水修理は比較的早く終わり、素早く対応していただけたので
お茶とお菓子を出したのですが、
そのお礼にと生物多様性というものについて教えてもらえました。
生物多様性というのは生き物たちのつながりのことらしく、
自然の力によって生き物たちは様々なつながりを持っているそうです。
そして意外なつながりのある生き物たちも多いそうです。
そのため山の中で漏水などが起きてしまうと、ひどい場合には
その場所の生物多様性を崩してしまうこともあるそうです。
人の作った文明が自然に影響を与えるのは知っていましたが、
実際に話を聞くとかなり納得することができました。